肝臓病の種類で違う食べ方

夫婦

痩せている人も要注意

スレンダーで健康体に見える人も、肝臓に多くの脂肪がついてしまい肝臓病になる可能性が高くなります。これらの原因は極端なダイエットが関係しているため、腹八分を心得て規則正しい食事をしましょう。

肝臓に負担をかけないストレス発散法

適度な運動を心がける

宅配食を使って肝臓病の予防をしても良いですが、ストレスが蓄積されると症状は悪化するばかりです。適度に体を動かすと精神が安定しますし、ストレスが緩和されます。ジョギングや散歩といった負担の少ない運動だと続けやすいですよ。

趣味を見つける

仕事から帰宅して寝るだけの生活は刺激がなくストレスの原因になります。何か趣味を作るとそれに没頭するため、生き甲斐になります。趣味がない場合はいろいろな事に挑戦して打ち込める何かを見つけましょう。

人間関係はサラリとかわす

多くのストレスを与えるのが人間関係ですが、トラブルの内容によってすぐに解決できない場合もあります。ただ長いこと引きずっても体に悪いだけなので、前向きに考えて切り抜ける必要があります。考え込みすぎも精神面に負担を与えるので軽く考えましょう。

メリハリのある生活が良い

休む時は休む、仕事をする時はするといったように生活にメリハリをつけるとストレスを感じなくなります。規則正しい生活も肝臓病のリスクを抑えるので充実させるためにも心得ましょう。

ダイエットは正しく

間違ったダイエットは、与えるストレスも倍になり肝臓へ大きな負担がのしかかります。食事制限をする時も急の制限するのではなく少しずつ行なう方が馴染んできますしストレスを感じることなく続けることができます。

肝臓病を予防する食べ物

料理

慢性肝炎の場合

以前はタンパク質やエネルギーを沢山摂る事が肝臓病にとてもいいとされていましたが、逆に負担が重くのしかかることが分かっています。そのため、慢性肝炎の場合は朝昼夜規則正しく食べること、主菜は少しのごはんと魚、肉、卵、大豆製品を中心に食べよう心掛ける必要があります。甘いものを食べる時は果物を一つにして、油を使った料理は最低でも二品目用意しましょう。

脂肪肝は肥満を解消する食事

肥満の人は、体が細い人より肝臓病になるリスクが高くなります。すでに脂肪肝という診断が下されているなら、肥満を解消する食事に切り替えましょう。例えば早食いを改善し、30回噛むようにすると食べ過ぎ防止になります。夜9時までには食事を終えましょう。添加物の多い食事はなるべく避け、肥満にならない生活を心がける必要があります。

肝硬変は塩分過多に気を付ける

病状の進行具合で異なりますが、軽い場合だと野菜や海藻、果物を中心に食べて便秘にならないよう気を付けます。肝硬変は重症化すると味覚が鈍くなるため、塩分過多になります。糖尿病をもっている人もエネルギーの摂取に十分気をつけて食事を摂るようにしましょう。

横になると良い

食事をした後は、肝臓機能が活発になっているため、栄養素の吸収力が抜群に上がります。この働きをするには食後しばらく横になりましょう。

広告募集中